ものによって料金が異なる

処分する時に必要な料金

ベッドなどの大きい家具

行政に依頼すると、ベッドなどの大きな不用品でも1000円前後で回収してくれます。
大きいサイズはもっと料金が必要になりますが、それでも2000円ほどで済みます。
たくさんの不用品を処分する人は、1個にあまりお金をかけたくないでしょう。
行政に依頼して、安く済ませてください。
大きな食器棚や収納ケースも、1000円から2000円ほどで引き取ってくれます。

行政に依頼する場合は、自分で回収場所に持って行かなければいけません。
大きな家具や家電は持って行くのが大変ですが、費用を安くするためなので頑張って持って行ってください。
また地域によって、回収場所が変わります。
自分が住んでいる地域の回収場所も、不用品を持って行ってください。

時間の指定はできない

この日に不用品を回収してもらいたいと、希望が決まっている人がいると思います。
ですが行政は、こちらの希望に合わせてくれません。
回収する日が決まっているので、こちらが行政に合わせましょう。
不用品を処分したい際は、事前に次の回収日がいつになるのか調べてください。
大きな不用品を処分するなら、自分だけでは運搬作業が大変かもしれません。

知り合いに、手伝ってもらうと良いですね。
前もってこの日に不用品を処分するから、手伝ってもらいたいとお願いしておきましょう。
処分する前日に、急に明日手伝ってほしいと言われても相手にだって都合があります。
事前に伝えていれば、予定を空けてくれるのでスムーズに不用品を運べるでしょう。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ